敷居の低い簡保

生命保険の「罠」

通称「簡保(かんぽ)」と呼ばれ、民営化前には「Kampo」と表記される事もありました。簡易生命保険法により規定されていたもので、正式名称は「簡易生命保険」といいます。2007年10月1日の民営化以前に契約された保険契約については「独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構」に契約が承継され、日本政府によって保証が継続されています。
職業上の理由や、身体的理由などから民間の生命保険から敬遠されがちで加入が困難な人にも敷居の引くい生命保険です。契約に加入できる掛け金などは、低めに抑えれれています。そして、保険金の支払い申請と、保険金の支払いまでの期間は早いと評価されています。

新たな保険は取り扱わない

かんぽ生命保険では2007年10月1日の民営化後、新たな簡易生命保険は取り扱わない事になっており、既に加入している保険契約の保障内容(保険金額の増減、保険期間の延長、特約の変更等)を大きく変更する事はできません。
民営化後は保険の加入活動が活発になりました。現在のかんぽのテレビCMでは、タレント事務所のジャニーズ所属アイドルグループ「V6」の「井ノ原快彦(いのはらよしひこ)がメイン出演者として放映されています。

簡保の歴史

簡保は、1916年10月1日に、郵政省・日本郵政公社の前身である「逓信省」が創設したのが始まりです。主に郵便局の窓口によって販売され、郵便局の営業職員も販売していました。簡保は、簡易生命保険法によって規定され、民間で取り扱われている生命保険と違い、公的サービスとして様々な特典が存在しました。別制度の「郵便年金」の名称で呼ばれている頃もありましたが、1991年4月1日に簡易年金保険という位置づけに制度を改めた時に廃止されました。
1938年1月には厚生省が新設され、簡易保険の経営と管理は移管されました。厚生省に簡易保険の経営管理が移管した1938年1月11日以降には、{契約募集・周知宣伝・資金運用}等の店頭業務を含む第一線業務だけが逓信省に残ることになりました。1942年11月には行政簡素化の一環として、厚生省・逓信省の両省にまたがることで、事務的に不効率だった経営管理の事務の部分は逓信省に返還されました。
特徴的な保障として、不慮の事故・災害、もしくは特定感染症による死亡の場合に、死亡保険金が上乗せ保障される、民間保険会社の「災害割増特約」タイプの保障が自動付帯される「倍額保障」というものがありました。

スポンサードリンク

かんぽの宿

郵政民営化前の「かんぽの宿」は、簡易保険加入が対象になっていましたが、日本郵政株式会社となってからは簡易保険の加入・未加入にかかわらず、どなたでも利用できりょうになりました。料金は据え置かれるそうで、料金の安い「かんぽの宿」はこれから人気になるでしょう。